寺尾聰 ルビーの指輪を聞きながら更新中

どもです、久々に音楽聴きながらの更新です、勝手にフォルダを読み込ませているので、PUFFY アジアの純真とかも入ってます、属に言う現実逃避ミュージックフォルダですね、ちなみにパート2まで増殖しています(笑 さて、お仕事記事を連続で書きましたが、本日の出来事で優先して書きたい事ができたので、先に書きます、本日の起床は優雅に13時過ぎ、メールを見ると強風で名鉄飯田線・JRなどほっとんど豊川の影響で止まってたみたいですね・・・家も大分風に揺さぶられたらしいですが(親談)私はスヤスヤモードだったので気にもしてない、そんな感じで朝昼兼用の飯を食べ、財布の中身の金額がなんと一桁になっていて、このままだと危険なので、散歩の意味も含め井原まで徒歩で移動、ATMから引き出し薬局へ、喉が痛かったのではちみつきんかんのど飴を買って帰還、そーしーてー2〜年の月日が流れ去rじゃなくて、撮影機材を持って出かけます、市電に乗って駅前に行って、5番線に移動すると沙悟浄さんと出会いました、そして本日の撮影目的である、119系R5・R6編成の廃車回送がやってきます、露出が厳しくシャッター速度が全く上がらないので、嫌々でしたがISO400まで引き上げて撮影、1/80で撮影し駅端へ・・・そこで後撃ちをしてから、16:08発の浜松行きに乗ってお隣二川へ、そこで119系を待つのですが、朝の遅れが響いているのか時間になっても来ない、そしてみるみる内に暗くなっていき、ポツポツ雨まで降ってくる始末、そんな中予定よりも15分くらい遅れでやってきました、元々日が落ちる事前提で用意してきたのでバルブ、頭は前へ出ているので後ろからパシャります、10分ほど停車し119系は浜松への帰らぬ旅へ行ってしまいました。昔は旧型国鉄車両の置き換え車両として、煙たがられていた車両でしたが、その車両も世代交代の時期なのでしょうか・・・線路の向こうへ消えていくやたら明るい119のテールライトが印象的でした・・・そして、その後は豊橋へ戻り沙悟浄さんとお別れ、私は19時に豊川へ行く予定があるのですが、時間まで約2時間・・・なので豊川の駅で一人バルブ大会を開催する事に・・・そんな感じで213系と119系の離合を撮ったりしながら時間を潰していると、アナウンスが入り『伊那路4号が9分送れ』との事(・・・ん?豊川18:22分発の4号が9分遅れたら、豊川18:30分発の伊那路3号も遅れるじゃん・・・ってか並ぶんじゃね?)っと思い半信半疑で停目へ行き待っていると、先に30分発飯田行き伊那路が入線、でもこの先は単線なので、豊橋行き伊那路が来るまで待たないといけません、そして後ろから9分送れの4号到着 並びました!でも飯田行きがハイビームバリバリなので撮れたモンじゃない・・・ならば車体は捨てるまでよ ってな感じで限界まで暗く設定し、両車両の幕を浮かび上がらせ撮影、わたわたしている内に両方とも発車して行きました。その後に来る新城行きが213系と予測し、そのまま菓子パンをかじりながら待つこと数分、やってきたので適当にバルブって撤収です。では、画像うp行きますw

まずは廃車回送豊橋入線から ザラザラです・・・

後撃ち

二川にて後撃ち さよならR5・R6編成

話は豊川に飛んで豊橋行き213系と水窪行き119系の離合

213系が出て行き、水窪行きの3両編成全体が撮影できます、ちなみにこの列車、水窪到着後停泊、次の日の朝一番水窪始発で豊橋に帰ってきます。

そして伊那路3号が入線

伊那路並びは見るもの撮るのも初めて・・・ハイビ(涙

そして213系の新城行き・・・あんまり違和感が無いのが逆に怖いですね・・・

最後にラグーナへ行ったのでイルミネーション?を・・・花火は間に合わず・・・

観覧車とか

最後に星越え山から夜景を撮って終了ー

ではでは。。。