神様パワー全開

どもです、やっとこさ重い腹を上げて先週の記事を書きますかね、密かに名鉄で今流行り(?)の津島線100周年板が近場に入らないかなーっと願っていますが、掲示板などで近況を追って見ていると、近場どころか本線だと神宮前から先に入ってこない有様・・・こりゃ絶対に誰か裏で糸引いてまっせ・・・早く豊川線入れよー 伊奈どころか東岡崎すら来てないとか絶望ですがな・・・ま、その話は置いといて本題行きまーす。
時は12月22日日曜日、この日浜松の湘南色さんの家にお邪魔しながら、この冬から車両が変わったムーンライトながらを撮りに行って来ました、浜松駅では中線に入線し尚且つ停車時間が30分だか40分あるのでまさに撮影会状態になります、そんな感じでパシャパシャーっと撮るだけ撮って撤収しまして、今度は車を四日市まで走らせます。結構な弾丸ツアーですが、三木鉄道を撮ってみようとなったのです。 ですが、この時はまだ知る由もありません、この先に待ち構える不幸と言う名の最悪オンパレードな撮影工程を・・・
さて、まず夜明け前に目的地である三重県四日市の、三木鉄道保母駅付近の有名撮影地に到着です。ここで仮眠を撮りながら夜明けと貨物列車の通過時刻を待ちます、そして練習電が来る時間になったので外で待機しますが、この時は頭上は快晴でした。でも前走りの練習電が来ると空模様が一変、真っ黒な雲が前から流れてきて 列車は順光だが空真っ黒 な状態になってきました。もう太陽の光とのコントラストでまさに暗黒へGO!な状態・・・通過3分前くらいについに太陽も隠れ挙句の果てに雪混じりの冷たーい雨攻撃「これ霙やー!カメラ壊れるッ!撤収ー!!」の合図で撤収するも、ついに前方から列車がやって来ましてもう無理矢理強行撮影 そして撮影後数分で後ろからも貨物がやって来るので、車のハッチを開けて屋根代わりにして撮影、一応反対は逆光なので曇る分には助かるのですが、相変わらずの霙なう・・・そんな感じで1セット目はしっちゃかめっちゃかなスタートを切りまして、お次は2セット目なんですが、四日市方面行き(順光側)は重単の送り込み回送で、反対側は本来ならフライアッシュの切り身を引っ張ってくるハズだったのですが・・・順光側は相変わらずドン曇りの中通過しまして、本番の切り身の時間・・・「・・・へ?」なんと荷を引っ張って来ずまたもや重単・・・ここで心が折れてしばし仮眠・・・そしてラストチャンスの3セット目でやっとこさお天道様が顔を出してくれまして、なんとか順光で1枚撮影成功 返しも撮影しここで三木鉄道とはしばしの別れです。
場所は四日市駅すぐそばのこれまた有名撮影地に来まして、ここで先ほど撮影した列車のDD51版を撮影するのですが・・・なんとDDの煙が風に流されセメントタキにズドーン、忍法煙幕の術状態です・・・そして最後の四日市止まりDDもまさかのピン外し・・・まさに完璧についてない1日でしたとさ、では悲しい画像うp行きますー

まずは浜松駅にて185系のムーンライトをパシャリ、実は頭がB編成ではなくC編成なのです。珍しいかどうかは不明ですが、恐らくコレ一本だけでないかと・・・

そしてちょっと低い位置から・・・ヘッドライトは諦めました・・・

前面幕は臨時快速

新規で入ったとウワサの側面幕もパシャリ

場所は変わって三木鉄道、順光・青空で元西部の車両をパシャリ が・・・

貨物通過10分前がこの有様、次第に暗くなっていき・・・

この結果に・・・orz

返しも雨だか霙だかの中撮影・・・

そして何事も無かったかのように晴れるたぁどう言うこったっ!!!

そして通過時曇ると・・・

挙句の果てに荷物はどこへやった!?

でもなんとか1枚は納得できるカットができました・・・

そして返しもなんとか撮影

場所は変わって四日市「お、いい感じに煙出てますね。カッコイイ!」

結果、煙幕の術で後ろ真っ白・・・マイガッ!!

返しも顔にピンが・・・いつか、いつかリベンジを・・・

そんな感じの踏んだり蹴ったりな弾丸ツアーでした・・・


ではでは。。。